これでセンター試験対策もバッチリ!! 小・中・高校生、大学受験対策ゼミナ 4STEP問題集から細かく解き明かした解説書も取り扱っております。 解説書は塾長が教員現役時代から授業で実際に使っていた「ネタ帳」をもとに作っています。

数の理ゼミナール

数ゼミの想い
塾長の願い
数ゼミでは
塾長のネタ帳とは
DONトレとは
4STEPとは

お問い合せフォーム

ゼミのご案内

トップページ > ゼミのご案内 > 高校生-数学

高校生コース-数学

ゼミのご案内キッズ・ゼミコース小学生コース算数・基礎基本科算数・応用科受験算数5教科・基礎基本科受験5教科中学生コース数学・公立中学校数学・私立中学校英語・公立中学校英語・私立中学校5教科・公立中学校5教科・私立中学校高校生コース数学英語5教科総合・国公立受験5教科総合・指定校推薦一般コース浪人コース
料金のご案内

「数ゼミ」は塾長の私が、23年間奈良の 県立高校で教えてきたこともあり、スタート は数学の専門塾でした。 開塾にあたりまず考えたのが、絶対成績の 上がる塾にしようということでした。

そのために

合同授業はしない

「聞く」勉強はほとんど成績アップに役立ちません。 これは実際に教壇で教えてきた私が言うのですからまず間違いありません。 教員時代、私は「わかりやすい授業」「数学を算数のように教える」を目標に日夜悪戦苦闘していました。けれどもわかりやすい授業をすればするほど定期考査のクラスの平均が下がるという悪夢のような経験をしました。

「刷り込む」ためにとにかく問題を何問も解かせる。 勉強というのは「解く」「おぼえる」がそのほとんどです。 だからとにかく問題を解かせることにしたのです。

徹底的に問題を解かせる

高校生が自分で数学の勉強をするとすぐにストップします。 その原因はわからないところが出てくると自分で解決できないからです。 高校数学は中学校の数学とちがって専門性が高く難しいのです。 それに教えることのできる先生もほとんど学校にしかいません。 (だから、大手の高校進学で有名な塾でも高校の部がほとんど成立しません。)

だから「数ゼミ」ではすぐに質問できるように、生徒とは対面です。 2列目はありません。そしてどの生徒の前にも説明用の黒板があります。

「質問のできる自習室」をイメージしていただければと思います。 この「質問のできる自習室」を高校生は求めているのです。

「センター対策」と「国公立大二次対策」「センター用」「国公立二次用」

の勉強は確かにあります。 けれどもそれは直前の対策程度のものであって、やることは決まっています。 「センター対策」を「国公立大二次対策」の基礎と考えてもらえればいいと思います。 「センター対策」ではまず数研出版の「4STEP」またはそれに準ずるレベルの問題集を 完璧にこなすことが最低限必要です。

対象曜日とコース
アクセスマップお問い合せプライバシーポリシー

このページのトップへ